Choisissez le pays qui vous intéresse

日本語ja

データ主体権

EU一般データ保護規則(EU)2016/679(GDPR)以降、FI Groupが保有する個人データには、一定の権利が付与されています。GDPRは、個人データの保護とプライバシーを保証するために、個人データの処理内容とその処理の根拠に関する情報を、FI Groupに尋ねる権利を提供します。

アクセスの権利(GDPR第15条):この権利は、FIによって処理された個人データを取得する権利です。この要求により、お客様には自分の個人データを見る権利と、個人データのコピーをリクエストする権利が与えられます。

訂正の権利(GDPR第16条):お客様の個人データが最新ではない、または正確ではないと確信した場合、およびできるだけ早く個人データの変更を要求している場合の権利です。

消去の権利(GDPR第17条):データの削除をFI Groupに依頼する権利です。その要求により、F.Iは、以前に提供された、同意に基づいた個人データの処理を停止しなければなりません。

取扱い制限の権利(GDPR第18条):制限する権利により、処理せずに保存を続けることができます。処理を制限する権利は、個人データの消去を要求する代替手段を提供します。

データポータビリティの権利(GDPR第20条):個人データを別の会社へ移行するよう、尋ねることができる権利です。

異議を述べる権利(GDPR第21条):個人データの処理に異議を唱えることができます。この場合、同意が適切に要求されなかったら、正当な目的以外の処理は行われません。

Right to object to automated processing (Art. 22 GPDR): provides you with the ability to object to a decision based on automated processing.